セミナーを少人数で行う意味とは?

セミナーといったら、大人数(50名程)で行った方が多くの方に
聞いてもらえてよいのではとお考えの方もいらっしゃるかと思います。

実は、少人数(5名程)でも行う意味があるのです。

理由としましては

少人数の方が、参加者との信頼関係が築きやすいのです。

参加者との信頼関係を築かなくてはいけないのか?と思われるかもしれません。

ビジネスを行う上で、お客様になって頂くためには

信頼関係が築けないとあなたのパートナーにはなって頂けません。

特に保険や不動産などの高額商品を扱う場合、
信頼できる人から納得したうえで購入すると思います。

信頼関係の土台 -「目的」がはっきりしているか?

そもそもセミナーを行なう目的をきちんと明確にして
行なっている人は少ないのではないでしょうか。

少人数よりは大人数の方がより多くの方に聞いてもらえて、
お客様へ繋がりやすいと考えがちです。

果たして、セミナー当日に参加者全員と信頼関係は
構築できますでしょうか?

おそらく厳しいと思われます。

もし仮に50名全員が、あなたのセミナーからお客様になりたいと
仰った場合を考えてみて下さい。

後日50名全員にお会いする場合、

1日に3名を相手に面談を実施した場合でも17日間かかります。

相手によっては忙しくてなかなか会えない、
アポが決まっても予定変更なども生じてくるでしょう。

あなたも面談だけで1日の仕事が終了してしまうでしょう。

また、この期間に競合他社の方が対応が早ければ、
お客様となる予定の方も逃げてしまうことも有り得ます。

対応が遅いと思われてしまい、信用も失います。

少人数(5名)でセミナーを行なった場合は

少人数(5名)でセミナーを行なうと、どうでしょう?

参加者の表情(理解なさっているか、真剣に聞いているか)なども理解できます。

休憩時間に参加者にセミナーへの受講目的、
今の仕事内容や実績なども聞けたりと参加目的なども具体的に聞くことができて、
信頼関係も築けるのではないでしょうか。

次のステップに進める為の解決策も把握でき、
参加者にあなたのお客様になって頂ける可能性も高まることでしょう。

参加者の名前と特徴も印象に残るのではないでしょうか。

少人数のセミナーでも、あなたのお客様になって頂ける参加者も出てきます。

ただし、あなたが、参加者との信頼関係をきちんと構築できて
価格だけでない内容のセミナーを提供できれば、ですが。

ご理解いただけた方には可能なことではないでしょうか。


By 中村 裕明

☆ セミナー関連記事はコチラ ☆

❷セミナーの集客方法はどうやったらよいか?
❸セミナーで信頼関係を築くには?
❹セミナーにはどのような人に来てもらいたいか?
➎セミナー金額はどのくらいが妥当か??
➏セミナーで個別相談を行う目的は?
➐セミナーでのアンケート内容はどういう内容が良い?
➑セミナー個別相談のアポの取り方とは?
➒誰でもセミナーを開催できるのか?
➓セミナーで緊張しないためには?


Go!案内資料

[check]しつこいご案内や勧誘は一切ございません。安心してお求めください。

[check]ご案内資料・動画は すべて無料でご覧頂けます。

[check]資料請求後、約10日間メールでご案内し、終了です。