セミナーを開催するにあたって金額はどのくらいが妥当か?

セミナーの内容にもよりますが、ひとつ言えることは

『無料』はお勧めしません。

それはなぜか?

大きく分けて3つの理由が挙げられます。

セミナー無料設定をおススメしない3つの理由とは

1つ目にセミナー当日に無断欠勤する方が多いことが挙げられます。

参加者の心理として申し込みさえすれば、
当日に別の予定が入っても参加しなくてもいいのでは
という心理が働きます。

申し込みは30名のところ、実際当日の参加者が
10名以下になるケースも見られます。

2つ目に、冷やかし客が増える可能性があります。

参加者の中には、とりあえず聞いてみるかなど真剣に考えずに
参加する方も増えます。

真剣に聞きに来た方にも迷惑ですし、当日のセミナー自体の
雰囲気も悪くしてしまう可能性も考えられます。

3つ目に、

「この講師は、どのようにして稼いでいるのだろう?」

と疑われる可能性が出てきます。

無名であればあるほど、信用が無いと思われます。
参加者に高額な料金を請求されるのではないかと
不信感を与えてしまうことになります。

参加者は口に出しては言いませんが、だからこそ注意が必要です。

あなたが有名人でもない限り、無料セミナーとなると
売り込まれるのではないかと思われたりもします。

以上のように、

無料よりは有料でセミナーを開催することで、
レベルの高い人に参加してもらえるセミナーを提供していくのが
妥当ではないでしょうか。

次にセミナーの妥当な金額を考えよう

金額に関しては、会議室等を借りる場合はレンタル費用も加味して
セミナー代金を設定するのもひとつでしょう。

金額としては3,000円~5,000円の間が妥当ではないでしょうか。

多忙な中、聞きに来て頂いた参加者の為にも、

あなたが金額以上の内容を提供できるような仕組みを
きちんと考える必要があります。

セミナーの金額を決めたなら、
あなたは当日までに参加者に対して

どうやったらお客様になって頂けるか
どういう解決策を伝えるか

をきちんと考えて
シュミレーションを行うとよいでしょう。

参加者に金額以上の内容だったと言っていただけるように
お客様になっていただけるように、

あなたが主体となって
参加者を行動付けできるように話の展開も考えておくのがよいでしょう。

大切なのは金額以上の講義内容を提供し、楽しんでいただくことです


By 中村 裕明

☆ セミナー関連記事はコチラ ☆

❶セミナーを少人数で行う意味
❷セミナーの集客方法はどうやったらよいか?
❸セミナーで信頼関係を築くには?
❹セミナーにはどのような人に来てもらいたいか?
➏セミナーで個別相談を行う目的は?
➐セミナーでのアンケート内容はどういう内容が良い?
➑セミナー個別相談のアポの取り方とは?
➒誰でもセミナーを開催できるのか?
➓セミナーで緊張しないためには?


Go!案内資料

[check]しつこいご案内や勧誘は一切ございません。安心してお求めください。

[check]ご案内資料・動画は すべて無料でご覧頂けます。

[check]資料請求後、約10日間メールでご案内し、終了です。