ナチュラリープラスが始めた新電力サービス
「UNIVAでんき」

2016/09/02 日本流通産業新聞によると、

ナチュラリープラスは2017年8月から家庭の電気料金が既存の電力会社よりも
比較的安くなる新電力の取り扱いを始めたと発表。

ナチュラリープラスが始めた新電力サービスの名は

UNIVAでんきです。

UNIVAでんきが選んだ供給会社、JXTGエネルギーとは

UNIVA CAPITALはいわゆる法人向けの
「UNIVAでんき」を設立し、2017年4月よりスタートさせました。

MLM会社として電気を商材とするのは最初で最後だと宣伝していましたが、
「法人向け」としては最初で最後と言いたかったのでしょうか?

(一般向けはACNのXOOMエナジージャパンが1番乗りですから)

UNIVA CAPITALは東燃ゼネラル石油株式会社(東証一部上場企業)の
電力販売の代理店トップ獲得実績があるだけに、

今後も競争力の激しい電力の安定供給が出来るのはJXTGエネルギー社と確信し、

2017年9月には新たに家庭(一般)向け電力販売代理店として動くべく
登録しました。

2017年12月までは、まずナチュラリープラスの会員とその家族だけ
登録できるようですが、その後はどなたも登録できるようです。

電気使用料金の1%が会員のポイントとして計上され 上位に上がります。
取り扱いに応じてポイントやキャッシュバックが発生する仕組みですね。

ナチュラリープラスは新設会社ユニヴァ・ソーシャル・コマースを設立し、
ECサイト「ユニヴァショップ」を立ち上げ、
ビジネス会員専用にポイント還元できるようにした。



電気はいわゆる健康食品や化粧品と違って
1ヶ月、いえ毎日でさえやめることがないので、会員としてはお得ですよね。

電気料金割引率は「日本一」だそうです。
果たしてどうなるでしょうか?

「電気の割引率が一番高いのがUNIVAでんきです」

という声が聞こえてきたら、注目してみたいですね。

電力供給エリアは、東京電力・中部電力・関西電力管内です。
(2016年7月現在)

なお、供給エリアは今後拡大していく予定ですので、展開の仕方としては
ACN(XOOMジャパンエナジー)と似ています。


インフラ商材のネットワークビジネスを展開するUNIVAでんきは
積み上げ式ビジネス資産構築法の代表格です!

Go!無料動画


JXTGエネルギー社の強み -UNIVAでんき

JXTGエネルギー株式会社は、JXホールディングス株式会社と
東燃ゼネラル石油株式会社が2017年4月に経営統合して発足しました。

ENEOS、ESSO、MOBIL、ゼネラルといったブランド会社で13,000以上の
サービスステーション(給油所)を展開するほか、

石油・石油化学製品の精製・製造・販売、ガス・石炭の輸入・販売、
電気の供給などを行う総合エネルギー企業が

UNIVAでんきの供給元となったことは、

20年以上に渡る実績、そして安定した供給が見込めると判断したからに
他ならないと言えますね。

JXTGエネルギー社 企業理念 -UNIVA でんき

地球の力を、社会の力に、そして人々の暮らしの力に。
エネルギー・資源・素材における創造と革新を通じて
社会の発展と活力ある未来に貢献します


★共通点の多いUNIVAでんきとXOOMエナジージャパン?
★ACNの子会社XOOMエナジージャパンにライバル登場!その企業の瞠目すべき成長とは?!


重要なのは、知ること、調べること。
NEXTそして、見極めること。

新電力ビジネスは本当に稼げるのか

LINE@資料請求(積み上げ式ビジネス資産構築


インフラ系ビジネスは完全在宅のインターネットで!

Go!案内資料

page back-N2

Go!案内資料

Go!案内資料

[check]しつこいご案内や勧誘は一切ございません。安心してお求めください。

[check]ご案内資料・動画は すべて無料でご覧頂けます。

[check]資料請求後、1週間メールでご案内し、終了です。


☆...当サイトは多数のMLM企業の情報を掲載させていただいております...☆