ACNは最も勢いのある会社としてランクインしています。
☞☞ ネットワークビジネス モメンタムランキング 速報はこちら ☜☜

ACN -エーシーエヌ

年商800億円、創業24年の歴史を持ち、25ヶ国でビジネス展開をする
ソーシャル・マーケティング・カンパニーです。

ACN 会社概要 -エーシーエヌ

ACN(エーシーエヌ)はアメリカではじまり24年の歴史を持ち、
2016年夏、25ヶ国目となる日本でのビジネスが始まりました。

モメンタムランキングにも DSN 100 List にも上位に登場しています。

■ 商 号ACN
■ 所在地1000 Progress Place Concord, NC 28025-2449
アメリカ ノースカロライナ州
■ 代表者ACN社長兼共同創設者 グレッグ・プロヴェンザーノ
ACN会長兼共同創設者 ロバート・ステヴァノスキィ
ACN副社長兼共同創設者 トニー・クピス & マイク・クピス
■ 売上げ年商800億円
■ 事業開始1993年
■ 主な製品ガス・電気・携帯電話・衛星電話・インターネット回線・ホームセキュリティ・カードリーダー・健康食品(ベネヴィータ)
■ URLhttps://www.acnjapan.co.jp/acngoodsstorefront/


インフラ商材のネットワークビジネスを展開するACNは
積み上げ式ビジネス資産構築法の代表格です!

Go!無料動画


ACN が日本上陸した理由 -エーシーエヌ

ACNは電気やガス、通信(スマホ、インターネット)などのインフラ事業を
世界25カ国で展開し、今なお成長し続けているネットワークビジネス企業です。
今ここに来て日本上陸した理由 - 。

「日本は(これまで)規制が厳しくて無理だった」

という一言に尽きます。

約10年以上前から日本へ参入する機会は伺っていたようですが、
近年、日本国民の72.2%(2016年7月)が持つスマートフォンはSIMフリー化され、
格安SIMもあらゆる企業から売り出されたり、太陽光発電で電気を自由に売買できるなど、
いわゆる規制緩和で大手通信会社以外でも手軽に携帯電話事業に参入可能になりました。

このタイミングの波に乗って、日本上陸を決定したということですね。

今後、スマホやインターネットは大手キャリアとの提携にも大いに期待できる
ビジネスといえるので、パートナーを見つけて事業拡大できる可能性が期待できます。

また、電気やガスも子会社XOOMエナジージャパンを引き連れて参入してきました。

電気やガスと言った誰もが毎月払い続ける公共料金の支払いを
顧客がXOOMエナジージャパンに変えるだけで、

そのうちの数パーセントの権利収入を受け取れるビジネスが出来るのが、
まさにインフラ系MLM、ACNです。

毎月払い続ける公共料金に対して、毎月受け取れる権利収入は
今、話題の積み上げ式ビジネス資産構築法の1つと言えます。

ACNの商品としてはインフラ系サービスだけではなく、
「ベネヴィータ」と言う健康食品も取り扱っていますが、
ダイエット用の健康食品として、評価を得ているようです。

ACNのミッション -エーシーエヌ

ACNは、23年の歴史と経験をもとに、25ヶ国で展開する
ソーシャル・マーケティング・カンパニーが、
人生をより良くしたいと願う皆さまに、ビジネス構築のチャンスと
ビジネスツールやトレーニングを提供し、
ビジネス拡大のサポートをいたします。
今こそ、夢を実現させましょう。



ACNジャパン動画でオポチュニティを知ることが出来ます。

ACNの強みは豊富な製品群 -エーシーエヌ

商材はインフラサービスが基本となっていますが、先にも書いたように
新しい国へのオープン時はインフラサービスが少ないため、
オープン直後はインフラサービスが整うまで健康食品「ベネヴィータ」を
紹介しているようです。

2017年現在、子会社であるXOOMエナジージャパン合同会社が初の外資系電力小売業者として
経済産業省に2016年11月に登録されたのを契機に電気サービス環境は整い、

[check]家庭用電気向けとして

・関東:2017年 1~3月 ★予約受付開始!
・関西:2017年 4~6月
・九州、中部:2017年 7~9月

とアナウンスされた通り、まずは2016年12月より東京電力カバーエリアにおいて
サービス開始しました。
★ACNの子会社、XOOMエナジージャパンHP

[check]続いてモバイル系はと言いますと、

・携帯サービス:2017年4~6月
・インターネット回線:2017年4~6月

と順調に製品展開を見せています。

一般的なMLMは商品購入(オートシップ)が条件ですから毎月の支出が基本ですが、
ACNはインフラです。

ACN

インフラ代を節約しながらビジネスもする

・毎月電気使ってね(必要)
・毎月電話使ってね(必要)
・毎月ガス使ってね(家庭による)
・ベネヴィータ飲んでね(おまけ)

一般的なMLM

定期購入しながらビジネスをする

(下記のいずれかが該当)
・毎月製品が届く
・毎月会費を支払う
・まとまった在庫を購入する


こんな違いがあるのですね。

ACNビジネスの1つに電気の切替えがありますが、電気料金にしても特別安くしなくては
いけない必要はありません。

なぜなら今まで当たり前に支払っていた電気代の支払い先をACN経由に切り変えるだけで、
収入が発生するようになっているからです。
いわゆる、積み上げ式ビジネス資産構築です。

安くはする必要はないと書きましたが、
ビジネス会員もユーザーももちろん、今までより電気料金は安くなります。

また、ACNは他のMLMと違い、浅いレベルからの収益はほぼありません。

レベル4以降からの収益が大きなるシステムなので、インフラサービスが始まった
瞬間から多くのメリットを受けるために、事前に準備が必要なビジネスと言えます。

★XOOMエナジージャパンの記事はコチラ
★ACNの子会社XOOMエナジージャパンにライバル登場!その企業の瞠目すべき成長とは?!


重要なのは、知ること、調べること。
NEXTそして、見極めること。

○●○●○●○●○●○●○● 各種企業記事掲載中です ○●○●○●○●○●○●○●
★アンビット最新情報
★アンビット知って欲しいこと
★アンビット切替えるメリット
★アンビットのライバル?XOOMエナジー
★ACNの運命共同体はXOOMエナジージャパン
★ナチュラリープラスのUNIVAでんきって?
★MLM会社と提携した新電力会社、HTBエナジー

新電力ビジネスは本当に稼げるのか

LINE@資料請求(積み上げ式ビジネス資産構築


インフラ系ビジネスは完全在宅のインターネットで!

Go!案内資料

page back-N2

Go!セールスコミュニケーション

Go!案内資料

[check]しつこいご案内や勧誘は一切ございません。安心してお求めください。

[check]ご案内資料・動画は すべて無料でご覧頂けます。

[check]資料請求後、1週間メールでご案内し、終了です。


☆...当サイトは多数のMLM企業の情報を掲載させていただいております...☆